五月四日 お蕎麦の会
山菜編二回目と
乱蘭通信三十周年記念

 前回はたくさんの病変と死亡が伝えられ、お蕎麦の会どころではなくなったので、今回はのんびりやりたいと思っていました。 前々日まで、連絡くれてのは十人以内で、これなら丁度良い、僕もゆっくりみんなと話ができる。と思っていたのですが、前日に次から次へと人が増える。結局当日は二十人までまで増えてしまった。
 人がたくさん来てくれるのは嬉しいことです。しかし給餌を人に任せる事は出来ません。任せると後でかえって整理するのに時間がかかるからです。結局人と話す時間は殆ど作れなくなってしまいました。

 今回嬉しかったのは、新しい人が何人も来てくれた事、その中に澤村浩行さんもいた事です。一晩泊まり、次の日の午前中は、横田基地の周りを車で見て回り、狭山の森に行き、新緑の下でゆっくりした時間を作りました。
 驚いた事に、澤さん、食べる食べる、僕の二倍、朝飯も、昼食も食べていた。もう76歳だという。これならまだまだ元気て行ける。嬉しいことです。 


集めた食材







菖蒲



ふのり、濃い緑



だし昆布



































菖蒲と路傍の花







人がたくさん集まった







紙芝居まで始まった















サミーちゃんも久しぶり







沢さん



















翌日の沢さん