↑prev next↓
菜 の 花


 日本の春を代表する花といえば、サクラと菜の花だったのですが、最近は田舎に行っても、すっかり菜の花は見かけなくなりました。

 江戸時代から、農家の現金収入得る作物として、菜の花は作られて来たのですが。悲しいことです。

 俳句に詠まれ、童謡に歌われ、見渡す限り、黄色い花の風景が、日本の春の風景だったのですが、時代の変化というか、何か物悲しく感じられます。

 菜種油はスパーにゆけば売っています。それは輸入物です。日本ではお金の稼げる他の作物に、切り替わってしまったのです。

2024.4.2. Mamoru Muto

↑prev next↓