首くくり栲象(タクゾウ)は かように行為します


9月の庭劇場
『 夏 の 息 』
23日(土)~ 28日(木)
24日(休演)

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

 人が息絶え絶えの有り様を、虫の息と形容しまが、その喩えの元の虫の息を耳にする人は稀でしょう。
 わたしが毎月開催する庭劇場は、小さい庭ですがそれなりに草花と共存の虫たちも葉の茂みや、軟らかな土の中で生息しています。
 ある日の早暁。蒲団に横たわっていますと、庭でなにものかの息が、空にむかってなにごとかを奉じている、といった空想的な気配を感知しました。庭に面したガラス戸を引き開けると、数ヶ月まえの散歩時、信号機で立ち止まっり、足下で目に留まり、手にとった黒色の小石が、庭への下がり口の濡れ縁の上に、そのとき置いたままで鎮座していました。鎮座と形容しましたがwide、奥行、高さ共々三センチほどの小石です。しかしその形と風貌は、わたしには計り知れない重さを有する大岩を想像させるのです。

 まさかこの小石がと、しかしこの小石は食もなく、同然として欲もない。空気を汚さず、この世に静謐として生存している。その姿はこの庭の生存者である草木だけでなく、風や雨や日照りや干ばつや土、この夏わたしはお目にかかれなかった空にたちのぼる入道雲も含め、それらがこの世で遺す一期一会での黙しを、早暁、この黒い小石はわが身を触れる仕草で採集していたのではないかと思った。

                首くくり栲象


━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


   開催日と開演時間

   2017年9月
      23日(土曜) 夜7時 開演
       24日(休演)
      25日(月曜) 夜7時 開演
      26日(火曜) 夜7時 開演
      27日(水曜) 夜7時 開演
      28日(木曜) 夜7時 開演


開場は各々十五分前
雨天時も開催
料金→千円
場所→くにたち庭劇場

庭劇場までの道筋

 中央線国立駅南口をでて大学通りの左側を一直線に歩き、二十分ほどで唯一の歩道橋に出ます。そこを左折する。右側は国立高校の鉄柵で、鉄柵沿いに歩いて三分ほどで同高校の北門に到達します。その向かいの駐車場(赤い看板に白抜き文字で『関係者以外立入り禁止』の文字が目印です)に入って下さい。左奥で、木々の繁みにおおわれた、メッシュシートで囲まれた、平屋の中が庭劇場です。 なお国立駅と向かい合っています南武線谷保駅からですと、谷保駅北口をでて国立駅方面へ大学通りを直進。七分ほどで唯一の歩道橋に着きます、こんどは右折し、以下国立駅からと同記述です。

地 図